オルニチンとは?

オルニチンとは?

オルニチンは、私たちの体の中で尿素回路を作っているアミノ酸の一種です。

 

尿素回路とは、私たちが食べた食品の中のたんぱく質を、体内で分解する途中で発生する有毒なアンモニアを無毒な尿素に変えるという大切な回路で、オルニチンはここでとても重要な役割をするために、尿素回路は別名オルニチン回路とも呼ばれています。

 

オルニチンは主に肝臓で仕事をするアミノ酸ですが、他の多くのアミノ酸とは異なり、食品の中にはほんの少ししか含まれていません。一般的なアミノ酸はたんぱく質の中に含まれているのですが、オルニチンは「遊離アミノ酸」と呼ばれる、ちょっと特殊なアミノ酸です。

 

私たち人間の体内には生まれつき備わっていて、血液の中に溶けた状態でいつも体内を巡っています。オルニチンがなければ、私たちは正常な生命維持活動ができないほど、とても大切な物質なのです。

 

現代社会では、肝臓の機能低下や疲労がとても問題視されています。

 

食生活や社会生活が変化して、内蔵に過剰な負担がかかりやすい状況ということもありますし、ストレスなどで思ったようなパフォーマンスが得られないという問題も増えつつあります。昔よりもよりエネルギー代謝に気を使う必要があるにも関わらず、困ったことに肝臓で不調が起き始めても、私たちにはまったく自覚症状がありません。

 

過度な暴飲暴食やアルコールの過剰摂取、睡眠不足や過労などに気を遣うのはもちろんですが、それにプラスして肝臓へのいたわりは忘れないようにしたいですね。